スピーカー内蔵カーラジオの改造 Ver2
~AUX(外部ライン入力)増設~

スマホを繋いだ改造カーラジオ

index

0、はじめに

ワイドFM対応のカーラジオ
先日スピーカーレスの中古車を購入。スマホスタンドを設置しスマホの内蔵スピーカーで聴いていましたが、クルマは18年落ちの過走行軽。ロードノイズでナビの道案内が良く聴く取れずオーディオ設置を決意しました。

当初は学生時代チャリオーディオ用に改造した手持ちのスピーカー内蔵カーラジオ
スピーカー内蔵カーラジオの改造 Ver1
を取り付けようとしましたが、ヤフオクを見ているとワイドFMのスピーカー内蔵カーラジオを発見!
ということで新規で購入し改造しました。

出品されている物を調べると、このラジオはAM専用時代にはダイハツ向けだったようですが、今ではスズキ向けにも使用されているようです。今回入手したのはキャリイ用の物です。

<ご注意>
・このサイトを参考に改造を行ったことにより事故がおきましても、筆者は一切責任を取ることはできません。必ず自己責任で実施してください。

・出品されている物をみると、このラジオは同じ見た目でモデルチェンジを繰り返しているようです。(品番が変わっています)
本記事で紹介する写真・回路は、「39101-82M12」の物です。モデルチェンジにより基板上の部品番号等が変更になっている可能性がありますので、事故防止のため改造される際はお持ちのラジオをご自身でパターントレースして回路をご確認いただきますようお願いいたします。

Sponsored Link

1、ピン配置と調査

今回のカーラジオ
分解してコネクタを調査しました。メイン電源、アクセサリ電源だけでなく、外部スピーカー端子が用意されています。
なお、外部スピーカーは内蔵スピーカーと並列になっているだけで、アンプはモノラル(LA4425)でした。

以前分解したSANYOのラジオには外部出力は設けられていませんでしたが、こちらのラジオはサブウーハーやツイーターの接続も簡単にできそうです。
基板の調査
基板を見てみると、電子ボリュームは使用されておらず、チューナーモジュールから出てきた音声信号を、そのまま音量調整・ミューティングなどの処理をしてアンプへ入力しているようです。
そこで改造の方針としては、スピーカー内蔵カーラジオの改造 Ver1と同様に、ラジオ出力~ボリュームの3番ピンの音声経路へスイッチ付オーディオジャックでAUX信号を割り込ませることにします。

ラジオ信号がジャンパー線を通っている部分がある為、パターンカットをせずにAUXを割り込ませることができそうです。
また、写真では小さくてわかりにくいのですが、ボリュームの1番ピン(GND)配線はアンプICのGND端子まで引っ張ったうえで1点アースされています。高級オーディオみたいです。
よってAUXのGNDはボリュームの1番ピンではなく、アンプICのGND端子のすぐ近くに出ているGNDのジャンパー線へ接続するのが良さそうです。
基板の調査
音声回路に関係のある部分を図にしてみました。
ラジオからの出力はR28・C25のLPFを通り、直流カットコンデンサC26とR29を経てボリュームへ入ります。
途中ミューティング電子スイッチがあり、選局・AM/FM切り替えのノイズをミュートしています。
回路図ではR29・C27・R30がバスブースト回路になっているように見えますが、入手したラジオではC27・R30が実装されていないため幻となっています。
ボリュームを通った信号はマイコンからのビープ信号と共にアンプへ入力されています。
アンプの手前にもミューティング電子スイッチがありますが、調べたところミュート1と2はともに選局操作時に動作するようです。

2、AUX(外部ライン入力)端子増設

2-1、端子の取り付け

AUX端子の取り付け
ボリュームの上にスペースがありますのでそこへAUX端子を取り付けました。
中の鉄板に穴をあけてジャックを固定し、プラスチックカバーにもAUXケーブルを通すための穴をあければ端子増設は完了です。
取り付け部でジャックがフレームへアースされるのが気になる方は、GNDが絶縁されている(全体が樹脂でおおわれている)タイプのジャックをご使用ください。

2-2-1、配線 - 方法1

ラジオ音声経路中のジャンパー線(J20)へAUXを割り込ませる方法です。
方法1の回路図
メリット:ジャンパー線を取り外して配線するだけのため、チップ部品へハンダゴテをあてる必要がなく配線が簡単です。
デメリット:AUXを聴いている際にラジオ操作ボタンに触れるとAUXがミュートされます。
※ミュート1・2を共に取り外せばデメリットは解消できますが、ラジオ選局時に「ボツッ」というノイズが入るようになります。

2-2-2、配線 - 方法2

ラジオ音声をジャンパー線(J20)から取り出し、AUXを割り込ませたのちボリュームの3番ピンへ入力する方法です。
私はこちらの方法で接続しています。
方法2の回路図
メリット:ミュート1を残すことでラジオ選局時のミュート機能は残したまま、方法1の問題点であるAUXを聴いている際にラジオを操作するとAUXがミュートされる問題を解消します。
デメリット:改造箇所が多く、またミュート2を外すため選局操作時に若干マイコンのノイズが入ります。(小さい音のため私は気になりません)

3、フィルタの取り外し

AUXとは直接関係ありませんが、元の回路はLPFがかかっており、好みではない音質であったため改造ついでにコンデンサを取り外しました。
LPF取り外し
ラジオの出力部分にR28/C25からなるLPFがありますのでC25を取り外しました。
また、アンプ入力部にもR31/C29からなるLPFがありますのでC29を取り外しました。

元々チューナーモジュール自体から高音が出ていないようで、期待したほどの効果はありませんでした・・・。